--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.06

漱石と鴎外と太宰と藤村の「著作権ビジネス」

久しぶりの更新です。
でまあ、何故更新したかと言いますと「ネタ」が入りました(笑)

でもこれ内容かなり面白く読ませてもらったんですね
てことでご紹介

漱石と鴎外と太宰と藤村の「著作権ビジネス」 (いやしのつえ)

いやしのつえというサイトの活字中毒Rというコンテンツなんですが
週刊SPA!2007.2/6号の対談内容が・・・。

まあ正直申し上げた「ぶっちゃけトーク」ですな。
三田誠広氏についてが最初書かれていましてその後に漱石やら太宰やら
の事が書かれています。ある意味必読かと思います。


参考

対談している方はこちら

福田和也
坪内祐三のご両人。


スポンサーサイト
Posted at 23:36 | 雑記 | COM(0) | TB(0) | Hatenaブックマークに追加 livedoor クリップに追加 この記事を含むECナビ人気ニュースこの記事を含むECナビ人気ニュース POOKMARK Airlines に追加
2007.01.22

青空文庫、著作権保護期間延長に反対するビデオ映像を公開



以下のリンク先にビデオ公開のタグの記述があります。
(なんでveohなのかは気になりますが)

関連記事

青空文庫、著作権保護期間延長に反対するビデオ映像を公開 (ASCII24 Biz)

青空文庫の署名活動を紹介する、ビデオの貼り込みをお願いします。 (著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名)
2007.01.01

著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名

著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名

2007年、青空文庫は、
著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名」を進めます。
「延長に反対」なら、あなたの力を貸してください。


元旦から更新です。
署名投函は

署名用紙は、2007(平成19)年4月30日までに投函してください。


です。
2006.12.02

著作権保護に関する国会質問&答弁

Q国際条約及び諸外国の法律における著作権及び著作隣接権の保護期間の規定等に関する質問主意書

A衆議院議員川内博史君提出国際条約及び諸外国の法律における著作権及び著作隣接権の保護期間の規定等に関する質問に対する答弁書

Q一 そもそも、我が国の著作権法において、著作権の保護期間は何のために存在するのか、また著作権の保護期間が有限とされる理由は何か。

A一について

 著作権の保護期間は、文化的所産である著作物については、著作者等の権利を保護する一方で、一定期間経過後においては、その権利を消滅させることにより、社会全体の共有財産として利用できるようにすることが適当であることから設けられたものである。



まあこの辺は妥当というか当たり前というか・・。

Q二 ベルヌ条約及び知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(平成六年十二月二十八日条約第十五号。以下「TRIPs協定」という。)の規定について質問する。
 1) ベルヌ条約第七条において著作権の保護期間を五十年(個人の死後又は法人の公表後。以下、特に注記の無い場合を除き同じ。)と定めている算定根拠は何か。条約の制定及び改正時の事情を含めて説明を求めるとともに、この点についての政府の見解を求める。

A二の1)について

 著作権の保護期間を著作者の生存の間及びその死後五十年とする旨を定めた千八百九十六年五月四日にパリで補足され、千九百八年十一月十三日にベルリンで改正され、千九百十四年三月二十日にベルヌで補足され並びに千九百二十八年六月二日にローマで、千九百四十八年六月二十六日にブラッセルで、千九百六十七年七月十四日にストックホルムで及び千九百七十一年七月二十四日にパリで改正された千八百八十六年九月九日の文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約(昭和五十年条約第四号。以下「ベルヌ条約」という。)第七条(1)の規定は、千九百四十八年六月二十六日のブラッセルでの改正において設けられたものである。本改正に当たっては、著作権の保護期間について、著作者とその直系の子及び孫の三世代の平均的な生存期間を含むためには著作者の死後五十年とすることが妥当であると考える国が多く、そのような国に合わせることとしたものと承知している。



最後の方の文章「著作権の保護期間について~」はやっぱ50年が妥当という考えの元で合わせているんですか・・。そうですか・・。

Q諸外国における著作権等の保護期間及び孤児作品(著作権者等不明作品)に関する質問主意書

A衆議院議員川内博史君提出諸外国における著作権等の保護期間及び孤児作品(著作権者等不明作品)に関する質問に対する答弁書

お次の質問&答弁なんですが、リンク先みてもらえばわかるんですが、
答弁の内容が「承知していないまたは把握していない」が多いんで
こりゃ何とも・・・。
まあ久しぶりにというか国会の質問書等々まで自分は追い切れないんで
今回はまあ発見というかこっちもみなきゃなぁ~と私的に思いました。
ご興味のある方はリンク先へ・・・・・。


2006.11.25

著作権保護期間に関するネット上の記事&エントリ

初めに・・・。著作権保護期間に関するブログ等々のエントリで
過去の「著作権フォーラム」というイベントでの松本零士氏の発言に

「そう言えばあったなこういう記事・・・。(苦笑)」

以下その記事&松本氏発言

権利強化を求める権利者サイドの声~パネルディスカッション (INTERNET Watch)

「孫子の世界まで自分の著作物を守りたいというのが心情だ」と述べ、そのためにも現行著作権法では「作者の死後50年」となっている保護期間を「本音は死後120年ぐらいにいっぺんに延ばしてくれればいいが、そんな無茶は言えないので、まずは速やかに死後75年に延ばして欲しい」と主張した。

という具合に中々発見があったりとしたもんですから

著作権保護期間の延長問題を考える国民会議 に補足されていない
(多分リンクあえて貼っていない部分もあるかと思います。著作権保護期間の内容とはちょっと違っていたりして・・。多分ですよw)

ネットでの新聞社等の記事及びブログを紹介したいと思います。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。