--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.21

「ヱヴァ新劇場版」も「ガンダム00」も…野放し中韓の動画サイト をもうちょっと解説する

「ヱヴァ新劇場版」も「ガンダム00」も…野放し中韓の動画サイト (1/2ページ) - MSN産経ニュース

とあったんですが、単なる宣伝の域を超えていないので
ちょっと解説して紹介しようかな?と・・。

で最近はブログ更新怠っていますが、実は北京語学習しておりまして
その関係で中国のサイトよく行っているんですよ。
でこの産経の記事だけ見ると中国人だけが上げていると思われるかもしれませんが
自分は「台湾の人も多いかな?」と感じています。
※字幕とかが無いものが日本人も上げている可能性ありますが・・。

何故ならば圧倒的に字幕繁体字で書かれた文章多いですし、
中国の人が上げているならば簡体字で説明文書いてると思われるので・・。
また、台湾では日本のドラマ凄く人気があって
台湾で放送されている物は字幕に繁体字入れてあるので・・。
(台湾で放送されているものは繁体字の字幕必ずいれています。
多言語もありますが、国語として国が推奨しているので)


参考 繁体字「日劇」簡体字「日剧」 日劇は「日本のドラマ」という意味です

※台湾の方は簡体字読めないそうです。知り合った子に聞いてみたら
分からないと言われました。中国の方は両方いけるそうです。
中国の方だとPCの言語入力は簡体字いれてると思います。

簡体字と繁体字というのは画数が多い漢字を中国政府が簡略的に
書けるようにしたものが 「簡体字」です。
繁体字はその元になった漢字です。
大陸系「簡体字」台湾・香港「繁体字」と考えれば良いと思います。

参考
日劇 优酷视频
http://so.youku.com/search_video/q_%E6%97%A5%E5%8A%87

台湾では動画共有サイト凄く少ないんですよ。
(なのでニコニコ動画のアクセスで台湾から流れてくるのかな?とも
思っています。※ニコニコアニメ系が強かったりしますし、
オタク系の動画と言いましょうか?MAD系も盛んですし)
また、簡体字と繁体字の違いありますが、違わない漢字も多々あるので
台湾の方は読める部分もあると思うので中国系の動画サイトに
UPしているのかな?とも思っています。

字幕を見れば大体出元が把握出来ます。

TVBS - 網球王子聲優 - 諏訪部順一&津田健次郎來台新聞
http://jp.youtube.com/watch?v=1BSAc7UgEeQ

↑のニュース見て貰えば分かると思うんですが、アニメの声優が台湾に来た
だけでもこの人気なので、アニメ文化が凄く浸透しているのが
分かるかと思います。

アニメに関しては日本のもの圧倒的に人気があるので
(放送とかもされていると思うので、中国の方も上げていると思っています。)

偶偶动漫首页
http://cartoon.ouou.com/
↑みたいなコンテンツあるくらいですから・・。

スポンサーサイト
2007.01.30

JASRAC,YouTube内の著作権侵害対策を語る

JASRAC,YouTube内の著作権侵害対策を語る (ITPro)

実に興味深い記事がITProに掲載されておりました。
何が興味あるって初っぱなの写真から仰け反りました。

「大変だなぁ~」と・・・。

で引用

YouTubeを問題視し始めたのはいつ頃からか。

ちょうど1年前の2006年1月だ。(略)最初はファクシミリで削除依頼の文書を送っていたが,しばらくするとYouTubeから専用のアカウントが送られてきた。


率直に遅いな・・・と。ファックスかよw

また,幹部の来日は当初「日本でのビジネス展開を考えたい」とのことで,趣旨がこちらの要求と噛み合っていなかった。


多分YouTubeも著作権管理団体からじゃなくてレコ社かテレビ局関連からのクレームで「うちとビジネス展開しませんか?」とお話ふったんじゃないかと・・・・。すぐにビジネス展開の話で乗る相手でもなかろうしんで

YouTube以外にも多くの動画投稿サイトがある。対策を講じているのか。

 JASRACとしては行っていない。YouTubeが一番問題であり,テスト・ケースだと考えている。



トカゲのしっぽ切りですね・・・。YouTube以外も多数動画共有サイト数々ありますんでね・・。それで・・・。
別段YouTubeが凄いと言うわけではありませんが何故か動画集まりますね・・。動画集まる訳は検討がつきますが・・。

今後,他の動画投稿サイトにも対応するとなれば,別の組織が必要かもしれない。YouTubeだけでも対策には相当労力を割かれている。削除が追いつかず,一度削除してもまた同じ動画がアップロードされる。削除は一つひとつ再生して確認しているので,大変な手間だ。



べ別の組織って・・。無駄なような気がしますが・・。
人気があるような動画だと誰かが落としていると思いますし、
またUPするのが普通というか何というか・・・。
手間かかる事するよりもいかにして合法的に見られるようなシステム
作りを提唱して欲しいなぁ~と思えるのが自分の本音だったりします。
(テレビ番組の見忘れで観ているいる方も多々いると思うのでその辺りも考えて欲しい・・・。ニーズは結構あるかと思いますが・・・。
自分は個人ニュースサイト巡回中に発見して観るパターンです。)
2007.01.22

青空文庫、著作権保護期間延長に反対するビデオ映像を公開



以下のリンク先にビデオ公開のタグの記述があります。
(なんでveohなのかは気になりますが)

関連記事

青空文庫、著作権保護期間延長に反対するビデオ映像を公開 (ASCII24 Biz)

青空文庫の署名活動を紹介する、ビデオの貼り込みをお願いします。 (著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名)
2007.01.01

著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名

著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名

2007年、青空文庫は、
著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名」を進めます。
「延長に反対」なら、あなたの力を貸してください。


元旦から更新です。
署名投函は

署名用紙は、2007(平成19)年4月30日までに投函してください。


です。
2006.12.02

著作権保護に関する国会質問&答弁

Q国際条約及び諸外国の法律における著作権及び著作隣接権の保護期間の規定等に関する質問主意書

A衆議院議員川内博史君提出国際条約及び諸外国の法律における著作権及び著作隣接権の保護期間の規定等に関する質問に対する答弁書

Q一 そもそも、我が国の著作権法において、著作権の保護期間は何のために存在するのか、また著作権の保護期間が有限とされる理由は何か。

A一について

 著作権の保護期間は、文化的所産である著作物については、著作者等の権利を保護する一方で、一定期間経過後においては、その権利を消滅させることにより、社会全体の共有財産として利用できるようにすることが適当であることから設けられたものである。



まあこの辺は妥当というか当たり前というか・・。

Q二 ベルヌ条約及び知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(平成六年十二月二十八日条約第十五号。以下「TRIPs協定」という。)の規定について質問する。
 1) ベルヌ条約第七条において著作権の保護期間を五十年(個人の死後又は法人の公表後。以下、特に注記の無い場合を除き同じ。)と定めている算定根拠は何か。条約の制定及び改正時の事情を含めて説明を求めるとともに、この点についての政府の見解を求める。

A二の1)について

 著作権の保護期間を著作者の生存の間及びその死後五十年とする旨を定めた千八百九十六年五月四日にパリで補足され、千九百八年十一月十三日にベルリンで改正され、千九百十四年三月二十日にベルヌで補足され並びに千九百二十八年六月二日にローマで、千九百四十八年六月二十六日にブラッセルで、千九百六十七年七月十四日にストックホルムで及び千九百七十一年七月二十四日にパリで改正された千八百八十六年九月九日の文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約(昭和五十年条約第四号。以下「ベルヌ条約」という。)第七条(1)の規定は、千九百四十八年六月二十六日のブラッセルでの改正において設けられたものである。本改正に当たっては、著作権の保護期間について、著作者とその直系の子及び孫の三世代の平均的な生存期間を含むためには著作者の死後五十年とすることが妥当であると考える国が多く、そのような国に合わせることとしたものと承知している。



最後の方の文章「著作権の保護期間について~」はやっぱ50年が妥当という考えの元で合わせているんですか・・。そうですか・・。

Q諸外国における著作権等の保護期間及び孤児作品(著作権者等不明作品)に関する質問主意書

A衆議院議員川内博史君提出諸外国における著作権等の保護期間及び孤児作品(著作権者等不明作品)に関する質問に対する答弁書

お次の質問&答弁なんですが、リンク先みてもらえばわかるんですが、
答弁の内容が「承知していないまたは把握していない」が多いんで
こりゃ何とも・・・。
まあ久しぶりにというか国会の質問書等々まで自分は追い切れないんで
今回はまあ発見というかこっちもみなきゃなぁ~と私的に思いました。
ご興味のある方はリンク先へ・・・・・。


2006.11.25

著作権保護期間に関するネット上の記事&エントリ

初めに・・・。著作権保護期間に関するブログ等々のエントリで
過去の「著作権フォーラム」というイベントでの松本零士氏の発言に

「そう言えばあったなこういう記事・・・。(苦笑)」

以下その記事&松本氏発言

権利強化を求める権利者サイドの声~パネルディスカッション (INTERNET Watch)

「孫子の世界まで自分の著作物を守りたいというのが心情だ」と述べ、そのためにも現行著作権法では「作者の死後50年」となっている保護期間を「本音は死後120年ぐらいにいっぺんに延ばしてくれればいいが、そんな無茶は言えないので、まずは速やかに死後75年に延ばして欲しい」と主張した。

という具合に中々発見があったりとしたもんですから

著作権保護期間の延長問題を考える国民会議 に補足されていない
(多分リンクあえて貼っていない部分もあるかと思います。著作権保護期間の内容とはちょっと違っていたりして・・。多分ですよw)

ネットでの新聞社等の記事及びブログを紹介したいと思います。
続きを読む
2006.11.24

ダウンロード、海賊版は禁止 政府、著作権法改正を検討(追記あり)

ダウンロード、海賊版は禁止 政府、著作権法改正を検討 (朝日)

政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は、音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正に着手する。27日に開く知財本部コンテンツ専門調査会に事務局案を提案。罰則も設け、08年通常国会に提出をめざしている改正案に盛り込む。海外でも人気が高い日本のマンガやアニメなどの権利保護を強め、コンテンツ産業の育成を促す狙いがある。



ちょっと情報無さ過ぎで何とも言えない部分ありますが、
ダウンロード禁止とありますがこれどこまでの定義なんでしょうか?
例えばtorrentファイル貼り付ける段階でNGとかWinny・Share等の
ハッシュ貼り付けてある段階でもNGですかね?
torrentファイルやらハッシュからダウンロード出来ますし・・。
ちょっとこの辺注視していきたいと思います。

(追記)ハッシュやらとありますが、DB化されてものはどうなるのかと?ということです。現にありますし・・・。
あと、朝日だけですねこれ掲載しているの?
飛ばしですか・・。?

用語解説

ハッシュ
ファイルの内容をもとに生成される固有の文字列のこと。
同じファイルなら、ファイル名が違っていてもハッシュは同一となり、逆に内容が1バイトでも違えば、同じファイル名でもハッシュは違うものになる。

以下2ch上での反応が見られます。

関連

"ダウンロードしても違法" 政府、著作権法改正を検討 (痛いニュース(ノ∀`))

2ch検索: [著作権]

知的財産戦略本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/
2006.11.08

クリエイターら、著作権保護期間延長の議論を呼びかける国民会議発足

クリエイターら、著作権保護期間延長の議論を呼びかける国民会議発足 (INTERNET Watch)

INTERNET Watchを記事が一番細かいかな?
他のメディアでも取り上げられそうなので
Google ニュース辺りみといた方がいいかもしれない・・・。
また

12月11日午後17:30から東京・青山ウイメンズプラザでシンポジウムを開催する。津田氏は「まだ詳細は決定していないが、シンポジウムでは賛成・反対・中立派のパネリストを呼び、公開討論を行ないたい」と述べた。公開討論は、映像の生中継になるか音声のみになるかは未定だが、ネットで生中継するという。


追記:どこか動画生中継用のストリーミングサーバーをボランティアでシンポジウムが行われる12月11日に提供してくれるところがないかなぁと……。一応各方面に当たってはいるのですが、時間がないということもありますし、色好いお返事がもらえるかどうかもわからない状況です。どこか手を挙げてくれるサーバ業者の方、またはそうしたところにつなぎが取れる方はご連絡いただければとてもありがたいです。あと、単純にシンポジウムの規模を考えると人手はいくらあっても困らないので、もし「ボランティアで手伝ってもいいよ」という方がおられましたらinfo@thinkcopyright.orgの方までご一報くださいませ。



「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」を発足しました&お願い (音楽配信メモ )

上記サーバー募集中とのこと11/10時点現在
12月11日にはシンポジウム予定。ネットでの生放送予定らしい。
(追記:動画の生中継ストリーミングをホスティングしてくれる業者募集らしい
シンポジウムでは是非「日本文藝家協会の三田誠広副理事長」を出して頂きたい。

それでこのメンツで気になった人というか興味がある方はこの人
田中辰雄氏(慶應義塾大学経済学部助教授)
経済学者なので経済学視点から著作権保護期間を考えるらしい。
私的に経済学から著作権保護期間を考察した類の書籍買ったこと見たことないので是非是非経済学的スタンスでこの問題に入って頂きたい。
(面白そうなのでw)

また、田中氏はWinnyとCD売り上げについてで「Winnyのファイル交換が、CD売り上げの減少と言うことはできない」と調査報告した人です。
下記参照

「WinnyはCDの売り上げに関係なし」慶應大学経済学部の田中助教授 (INTERNET Watch)
WinnyはCD売上を減らさず~慶應助教授の研究に迫る (ITmediaモバイル:WinnyはCD売上を減らさず~慶應助教授の研究に迫る (1/3))

また
高橋健太郎氏(音楽評論家、プロデューサー、エンジニア)

2004年に著作権法の改正が行なわれた。その際、輸入権が新しく儲けられ、これに関連して国会に参考人招致されたりしたのだが、その時は輸入権に関する情報が乏しかった。国会議員の先生方もよく知らないまま、全会一致で参院を通過して法案が成立した後で、問題が指摘されたりということがあった。今回これを繰り返してはいけない。



↑しみじみ思います。気づいたら議論の余地もなく終了という具合にならないように注視していく必要性があるかと思いますので・・・・。


関連

「著作権保護期間の延長、議論を尽くせ」――クリエイターや弁護士が団体発足 (ITmedia)
著作権の保護期間延長に慎重論議を 別役実氏ら申し入れ (朝日)
「議論尽くさない著作権保護期間の延長にNO」・作家や弁護士らが団体発足 (日経)
著作権関連16団体、著作権の保護期間を「死後70年」に延長を求める共同声明 (INTERNET Watch)

Think Copyright(9日オープン予定、現在準備中)
http://thinkcopyright.org/


2006.04.30

知的財産推進計画パブコメ結果

いや~ここまで組織の動きらしい動きがあるかと・・。
悶絶w

再販制に関しては、「息子」が「子供」が「旦那」がという下りでの文章がありましたねー←棒読み(閉口)

今CDの再販制ありますが、商品の品揃えって言ったっておいらは
地方に住んでいますが、無いですよ~。
具体的にオリコンチャートから離れた地道な活動しているミュージシャンのアルバム置いてあるかな~なんて書店併設のCDショップに行った所で置いていない・・。びみゅーな地方に住んでいる方は再販制のありがたみなんて分からないかと・・・。
どうせアマゾン辺りで購入ってのがオチでしょうし・・。

CDの再販制という制度自体云々よりもちゃんと好きなミュージシャンの懐にお金が入ればいいという結論。

どうも最近レコード会社(著作隣接権保持していらっしゃる)方がしゃしゃり出てくるのがいけすかないんじゃないでしょうか?

あと、三田さんへ

ネットの議論・意見は多様性あるからいいんじゃないでしょうかね?
気軽に送れますし自分の意見・・。

CDの再販制に関してここまで反対意見でていますしねw

関連ブログ

知的財産推進計画パブコメ結果 (MAL Antenna)

■[貸与権][再販制]レンタルCDと再販制 (Copy & Copyright Diary )

知財パブコメに寄せられた「再販廃止反対」組織票に大笑い (趣味の問題2)

どっかのギョーカイがCDの再販撤廃反対でこさえたテンプレ (どっかのギョーカイがCDの再販撤廃反対でこさえたテンプレ : 趣味の問題2)
2006.03.30

パブコメ出した。

知的財産推進計画2006への茶会案(ロージナ茶会の日常を、あなたに)

知的財産推進計画 2006 パブコメへの提出意見をでっちあげる方法(試される。 -北国tv)

「知的財産推進計画2006」の策定に向けた意見募集(Where is a limit?)

パブコメ to 知的財産戦略本部 in March 2006 (benli)

以上参考にさせてもらったサイト。

んでロッジーナ茶会さん所の

各種ライセンスを著作権法の下部規定として認知し、それらのような各種ライセンスの有効性を著作権法上においても明確にすべきであると考える。



この辺り前々から思っていた事なんで出す(殆ど頭の中で考えていたことと同じだった)

二次創作物に関しても書いたな(思いついた事書いたんでロッジーナ茶会さんとこにインスピレーション受けて)

あと、謎工さんとこで「レコ協辺りのコピペ「再販制度絶対護持」を訴えるコピペ票投下」は笑わせて頂いた。

チマチマそんなんやる暇あったらビジネスモデル考えた方がいいと思いますが・・・。wあと、テクノロジーの進歩で旧来のビジネスが崩れているというのを身に沁みて感じてほしい所。

てか、CD高すぎw高いから若い子買わないんじゃねーの?
コピペ以外に考えてほしい事が沢山あるんだが・・・。

5,6通出しました。
(まあ、このパブコメに関すること引き続きまたきそうなんで
(ある程度のテンプレ考えた方がいいな~・・。今までインスピレーションに頼ってきたが、忙しいと流石に無理が生じてくる・・。)

ロッジーナ茶会さんとこ勉強になりました。

2006.03.28

国際シンポジウムCCJPレポート(追加)

国際シンポジウム レッシグ教授の講演など (Lazy Suits)

レッシグたんを見に行ってきました その1( ITOKの羊頭狗肉)

レッシグたんを見に行ってきましたその2 その他の面白かった講演(ITOKの羊頭狗肉)

レッシグたんを見に行ってきましたその3 パネルディスカッション(ITOKの羊頭狗肉)

上記2つ追加(ITOKの羊頭狗肉さん)

国立情報学研究所が開いたシンポジウムに行って来た人の
感想レポート。


2006.03.27

小寺さんのコラム

中古販売実質容認報道の罠 (ITmedia +D LifeStyle)

すでに流通してしまった商品を、新品と同レベルの検査基準に乗せるのは無理だ。製造業とは違い、中古のしかも販売業では、あまりにもいろんな事情が違いすぎる。やはり中古品とPSE法は、いったん切り離すと方針を改めるべきである。



小寺さんがおっしゃるように、「無理」があると言わざる得ないです。
所謂「中古」と言われるものを一緒くたいに扱うのも使う用途やら
機器やら違いありすぎでしょ?

例えるなら日常で使う用途が多い家電と楽器も同列ってのが
「??」なんですよ。例えばヴィンテージの範疇に入るような年代物の
楽器と家電比べれば圧倒的に(ヴィンティーと呼ばれる年代物の家電使わないでしょう?(デザイン重視で買う方いるかもしれませんが)
数年前に販売されている冷蔵庫やら掃除機とかの方が遙かに製品としての性能上がっていますし・・・・。

参考ブログ

中古電気用品の安全性 (Annex de BENLI)

業界と官庁との関係ルート再構築の必要性を感じさせたPSE問題(Sasayama’s Weblog)
2006.03.27

CCJP主催シンポジウム

「クリエイティブ・コモンズは著作権帝国の中の自治都市」~CCJPシンポジウム (INTERNET Watch)

JASRACなどとも友好関係を保ちつつ - CCJP主催シンポジウム開催 (MYCOM PCWEB)

ネット著作権が「危険な方向に走っている」──レッシグ教授 (ITmedia)
インターネットは知的財産権の敵ではない、レッシグ教授 (@IT)


国立情報学研究所の高野明彦教授は、文章に含まれる単語の組み合わせから関連すると思われる図書が検索できるシステム「Webcat Plus」の取り組みを紹介。実際の新聞の社説の文章から関連する図書を検索するといった実例を示し、こうした書籍などのデータベース化について、データベースがどのような形で公開されるべきかといった問題などを、クリエイティブ・コモンズを手がかりにして考えていきたいと語った。




(「クリエイティブ・コモンズは著作権帝国の中の自治都市」~CCJPシンポジウム より引用)



DB化の問題についてやはりポータルサイトが動いた方がある程度運用に
拍車掛かると思うんですけど個人での活動は限界があると思うんで・・。また、JASRACの加藤衛常務理事のクリエイティブ・コモンズに対しては「ポータルサイトを持たなくていいのかと心配している」ことを表明。というのも分かる話。
2006.03.11

知財推進計画改訂パブコメ・2006

知財推進計画改訂パブコメ・2006 (The Casuarina Tree)

謎工さん言われるとおり

そして、例年通り著作権延長問題や私的録音録画補償金問題などに対しても意見をお持ちであればこの機会に提出すべきです。



この辺はきっちり言ってやらないと。。。
2006.03.01

文化審議会著作権分科会(第18回)

文化審議会著作権分科会(第18回) (zfyl)

三田委員(文芸家協会)

世界的に見ると非常に恥ずかしい事態ではないか。(略)

ネットでは著作権フリーで使うことが非常に広まっているので、70年にすると権利者が主張すると、ネット全体で大反対ということになると思う。文化庁は、法律を変えるときは、ネットでユーザーの意見を伺うということをしているので、そんなことをすると大反対の嵐ということになる。

恥ずかしいですか・・・。そうですか・・・。
恥という文化は日本において古来からありますが、対比材料として
欧米の名を語るのはいけすかないね。。

んで「ネットユーザー」って2ちゃんねらー?ブロガーさん達?

まあどちらでもいいけれど上記を声高に訴えた所で「納得」出来る訳ねーじゃんw2ちゃんでも「恥ずかしい」ってだけで著作権保護訴えるカキコあったら

( ´,_ゝ`)プッ

で終わりますよ。

参考ブログ

TVのネット放映など検討 文化審議会著作権分科会(第18回)(Where is a limit?)
文化審議会著作権分科会 (第18回) ──私的録音録画小委員会が設置されるも、権利者側が一番ほしいのは著作権保護期間延長? (エンドユーザーの見た著作権)
2006.03.01

文化審議会著作権分科会(第18回)

文化審議会著作権分科会(第18回) (zfyl)

三田委員(文芸家協会)

世界的に見ると非常に恥ずかしい事態ではないか。(略)

ネットでは著作権フリーで使うことが非常に広まっているので、70年にすると権利者が主張すると、ネット全体で大反対ということになると思う。文化庁は、法律を変えるときは、ネットでユーザーの意見を伺うということをしているので、そんなことをすると大反対の嵐ということになる。

恥ずかしいですか・・・。そうですか・・・。
恥という文化は日本において古来からありますが、対比材料として
欧米の名を語るのはいけすかないね。。

んで「ネットユーザー」って2ちゃんねらー?ブロガーさん達?

まあどちらでもいいけれど上記を声高に訴えた所で「納得」出来る訳ねーじゃんw2ちゃんでも「恥ずかしい」ってだけで著作権保護訴えるカキコあったら

( ´,_ゝ`)プッ

で終わりますよ。

参考ブログ

TVのネット放映など検討 文化審議会著作権分科会(第18回)(Where is a limit?)
文化審議会著作権分科会 (第18回) ──私的録音録画小委員会が設置されるも、権利者側が一番ほしいのは著作権保護期間延長? (エンドユーザーの見た著作権)



2006.02.14

464.jp運営者逮捕。

ネットで漫画を無断配信、マンガ喫茶経営者ら逮捕 全国初摘発 (産経)
人気漫画を無断でHPに、ネット喫茶経営の男ら逮捕 (朝日)
人気漫画をネットに無断掲載、漫画喫茶経営者ら初摘発 (読売)

これまで約1300作品を掲載し、アクセスは1か月間で約330万件に上った。ホームページには「全日本漫画著作権管理機構監修」と活動実態のない団体名を表記し、適正な著作権処理を行っているように見せかけていた。



あんなに大っぴらにやっておいて大丈夫?と思いきややはり逮捕。
上記引用でもありますが、ありもしない著作権管理事業者を語るのは
悪質だと思います。
(確か後付で管理事業者名乗ってましたよね)

読売の記事によると、 「21世紀のコミック作家の著作権を考える会」側で再三掲載停止呼びかけていたのにも関わらず無視されたので
告訴に踏み切った模様。

こうなること分かるんだけどなぁ~。お店のPR目的って書いてありますが、何ともお粗末な結末。

http://www.464.jp/
http://414510.jp/
2006.01.31

知財戦略本部、CD再販制度廃止を勧告?

【速報】知財戦略本部、CD再販制度廃止を勧告か (The Casuarina Tree )

上記謎工さんより。

う~ん実現性からいってどうなんでしょう?か?
謎が謎を呼ぶ・・・。

関連ブログにもありますが、

さらには 2005年の 音楽ソフト売上げがまた前年割れ (約12%減!) しているとのデータもあります。そこで〈なぜCDが売れないのか〉という話になるわけですが、そりゃ高いからでしょう。■ホントに実現しますかねぇ →CD再販制廃止 (エンドユーザーの見た著作権)



常識的に言って高いでしょう?どう考えても?
最近DVDの販売価格見てるんですが「ええ?」と思える価格がたくさん。
比較論ですいませんが、一般的な人ってそういう所の視点からも価格
見ていると思いますし、ビデオ屋行って借りて観るよりかは「買ってもいいかな?」という値段のラインナップですからねDVDの方は・・・。
さてさてどうなるか?注視していこうかなと思います。


関連ブログ

知財本部、音楽CD再販見直し( Where is a limit?)
ホントに実現しますかねぇ →CD再販制廃止 (エンドユーザーの見た著作権)
2006.01.11

サウンドロゴを巡る論争

以下参考リンク

■[企業法務][知財] 「サウンドロゴ」をめぐる論争 (企業法務戦士の雑感 )

サウンドロゴの著作物性について (著作権マニア)

[著作権][裁判]「サウンドロゴ」と著作権 (言いたい放題 )

住友生命サウンドロゴの著作物性(朝日新聞記事より) (駒沢公園行政書士事務所日記 )

その2 その3続きを読む
2006.01.11

やっぱり著作権保護期間延長を批判する

第25回 やっぱり著作権保護期間延長を批判する( Hotwired)

さて、前回の記事で、現在「創作者の生存期間+50年」となっている保護期間をさらに20年間延長しようという計画が進行中であると紹介した。で、そうした保護の延長をなんとか正当化しようとしてみたわけだが、なんとも説得力がないのでヤメた。そこで、保護の延長によって生じる得失を似非経済学的に考察してみることで、はたしてさらなる20年間の保護の延長で私たちが何を獲得し、何を失うのかをネチネチと検討してみようというのが今回のテーマ。



冒頭から面白い。「ネチネチ」ですか~。
まだ、読んでいないんですが、ご紹介がてらにエントリー。
2006.01.04

「サウンドロゴ」は著作物? 作曲家が住生提訴

「サウンドロゴ」は著作物? 作曲家が住生提訴 (朝日)

「すみともせいめい~」という約2秒半のCM用「サウンドロゴ」をつくった作曲家が発注元の住友生命に対し、著作権の存在確認や使用料と賠償金計500万円の支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。「サウンドロゴ」はCMで企業や商品の名を印象づける短い音楽。住友生命は「サウンドロゴは著作物ではない」と主張し、作曲家は「短くても独立した音楽作品」と反論している。



いやはや興味深い裁判沙汰ですね・・・。
記事によりますと「契約書は交わさなかった」ということだそうですね。
(この時点でちょっと何だかなぁ~と)
無論著作権は、著作者が著作物を創作したときに自動的に発生します。

それでもう一点気になったのが、

荒竹純一弁護士は「サウンドロゴを著作物とみなすかどうかについての判例はなく、極端に短いメロディーは他の楽曲の一部と一致しても不思議ではありません」とし、権利を広く認めることには慎重な姿勢だ。



という専門家の見解もあるわけで・・・。どうなることやら?

関連リンク

サウンドロゴは著作物か? (Slashdot Japan)

technorati「サウンドロゴ」キワード検索
2006.01.04

レンタルビデオ・DVD店の3割近くが海賊版を

レンタルビデオ・DVD店の3割近くが海賊版を (門倉貴史のBRICs経済研究所)

ちょっと衝撃3割とは・・・。いや、海賊版って国外のイメージが
あったんで国内のレンタル店で3割近くというのは驚きました。
2005.12.10

ITミュージック戦争

ハイスタンダードの難波氏の意見。11.29 15:33の記事

僕達みたいに音楽を創って生活している人達は数多くいます。今の時代、昔のCDの売り上げの10分の一になっていると言われています。簡単にネットで音楽が手に入る。その為にパッケージを買う必要がなくなります。コピーも簡単に出来る。この事は最初デジタル化されて来ている頃には、一つの大きな問題として論議されていました。しかし現在、全くもって作家を守ろうと言う動きはありません。僕達作曲者の気持ちとしteは、簡単にコピーされてしまうのは、本当は悲しい事なのです。一生懸命にジャケットなどを創っても、結局は白いCD-ROMになってしまう。権利なんてあったもんじゃない。これは遅れている進んでいるとかとは、次元の違う話です。



参考 Hi-STANDARD

続きを読む
2005.12.09

【お知らせ】著作権SBS始めました。

JoltMark - ソーシャルブックマーク [ ジョルトマーク ]
http://mark.jolt.jp/

にて(SBS)にて著作権に特化したSBS始めました(RSS対応)
なのでコチラが更新怠っていたら
下記でチェックして頂くか

http://mark.jolt.jp/search.do?s3=johnny

下記のRSSのURLぶち込んで下さいw

http://mark.jolt.jp/rssSearch.do?type=page&s1=&s2=&s3=johnny&so=

見つけた記事やニュースは出来る限るクリップしておきます。続きを読む
2005.12.05

「録画ネット裁判」で明らかになったタブー

「録画ネット裁判」で明らかになったタブー (ITmedia +D LifeStyle )

私的メモ。後で読みます。

関連ブログ

録画ネット事件(12)~抗告審決定(HTML版) (言いたい放題)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。