--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.03

文部科学委員会での質疑

文部科学委員会での質疑(正々堂々blog)

上記川内議員のブログでの簡単なご報告です。
お疲れ様です。またありがとうございます。

私的録音録画補償金問題 (夢の国)

それで上記「夢の国」さんでテキストでまとめられております。
お疲れ様です。ありがとうございます。

その質疑の内容の詳細はコチラのストリーミングにて

http://www.shugiintv.go.jp/jp/rm.ram?deli_id=27873&media_type=rb&time=05:28:47.1

えーとここから私的意見ですw
明瞭簡潔な質疑でしたw川内先生(TдT)アリガトウ
それでもって「JASRAC吉田理事長」は私的録音補償金しかない!って
感じでそれ以上の内容でず・・・。
やはり将来を見据えた議論してほしいなと・・・。
「JEITA小林委員長」の方が消費者にとって分かりやすいと思います。

また、川内議員がおっしゃる通りで

ぼくの主張としては、はじめに私的複製の言葉の定義についてしっかり議論し(法30条1項)その後に、本制度でいくのか、それともDRMでいくのか、法30条2項関係を議論すべきで、今法制問題小委員会で行なわれていることは、順序が逆である。

その定義が何か曖昧なままいった所でまた数年経つと議論がまとまらず
先送り×2になってしまいかねないと思いますので、その「私的複製」の定義というものをちゃんと議論してほしいところです。

あとこれ余談なんですが・・・・。
文化庁加茂川次長のベルヌ条約に関しての答弁は聞いていてイライラ
するというか背中がかゆくなるというか・・・。
文化庁加茂川次長に一言言ってもらえませんか?
「国民も見ておりますので明瞭な答弁お願いします」って・・。
前知識が無いと何言ってるんだか分からないっていうかのらりくらり
の答弁で叱責して下さいねw国民にも分かりやすく!w

あと最後に

1、文化庁は、本制度について中立的な立場で審議会に諮問していること

2、パブリックコメント(意見募集)は、1ヶ月程度取ること

3、本制度は、日本国内の制度であり、ベルヌ条約との直接の関連はないこと。

だそうです。

これ見ている皆さんパブコメあるそうなので何か思っていることがあれば意見は言わなきゃいけませんよw

【関連ブログ】

文部科学委員会で川内議員が質疑応答(Where is a limit?)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://johnny3.blog3.fc2.com/tb.php/112-94e1873d
この記事へのトラックバック
 川内議員の正々堂々blog経由文部科学委員会での質疑という記事を掲載されています。気になる部分を引用させて戴くと 1、文化庁は、本制度について中立的な立場で審議会に諮問していること 2、パブリックコメント(意見募集)は、1ヶ月程度取ること 3、本制度は、日.
文部科学委員会で川内議員が質疑応答 | Where is a limit? at 2005.08.03 21:42
…… 皆様の労力を上記のようなアホな物にしてスイマセン。 ……
iPodに課金するってどうよ、な文部科学委員会 | 趣味の問題2 at 2005.08.04 02:54
この記事へのコメント はてなブックマークに登録
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。