--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.14

壇弁護士の事務室から2つのエントリ

ラジオの取材をうけた。 (壇弁護士の事務室)

まず、ラジオの取材を受けたというエントリなんですが、
これ、壇弁護士自信言っておられますが、

こんなのをラジオで説明できるわけがない。当然しゃべりはカミカミであった。。。。
こんな記事読んで理解できる人って何人くらいいるんだろう。


苦笑w無理あると思います。僕も少なからず著作権というものに興味が
あり、色々と勉強しておりますが、活字に起こして読み返して
「ふむふむなるほど~」となる感じなんで、取材した方も要点よく
いかに壇弁護士説明した言葉を選んで放送するのか?
(編集するのか?頭が痛いんじゃないでしょうかね~?時間の制約もあると思いますし)

とにもかくにも「映画著作物」に関わるエントリなんで為になります。
私的にコメント欄の壇弁護士説明勉強になりました。

パブリシティは昭和51年東京地方裁判所の「マークレスター事件」の判決によって示されてから、広く認められるようになっています。というわけで、昭和51年以前の作品は、パブリシティの条項が無いことが濃厚です。



読売オンライン事件判決 (壇弁護士の事務室)

そしてこれ、色々とネット見て回ったんだが下記意見に同意なんですがね・・・。

1ヶ月あたり1万円の使用料で、YOLの見出しを使い放題というようにも読めなくない。
どっちが勝ちか良く分からないというのは、そういう理由である。



私的に同じく「どちらが勝ちか分からない」w
詳しくは上記壇弁護士のエントリにて!!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://johnny3.blog3.fc2.com/tb.php/144-c2a57b04
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント はてなブックマークに登録
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。