--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.10

ITミュージック戦争

ハイスタンダードの難波氏の意見。11.29 15:33の記事

僕達みたいに音楽を創って生活している人達は数多くいます。今の時代、昔のCDの売り上げの10分の一になっていると言われています。簡単にネットで音楽が手に入る。その為にパッケージを買う必要がなくなります。コピーも簡単に出来る。この事は最初デジタル化されて来ている頃には、一つの大きな問題として論議されていました。しかし現在、全くもって作家を守ろうと言う動きはありません。僕達作曲者の気持ちとしteは、簡単にコピーされてしまうのは、本当は悲しい事なのです。一生懸命にジャケットなどを創っても、結局は白いCD-ROMになってしまう。権利なんてあったもんじゃない。これは遅れている進んでいるとかとは、次元の違う話です。



参考 Hi-STANDARD


難波氏は「トータルパッケージ」として買って欲しい。部分があるんじゃないかな?ということ・・・。

無論私も、音源のみってのは抵抗あるんで音楽配信利用していません。
(元々アナログから入った人間なんで)

まあ、コピーも簡単に出来るの件はCDからカセットへという流れ
と変わらんでしょうという突っ込みもありますが、劣化しない音源
ということでの違和があるんでしょうね・・・。

だけれども、ここで音楽リスナーから一言。

いやーね。好きなミュージシャンのはCDも含め買いますって。
(おいらの感覚が古いのか?wワシアナログもあったらそっちも欲しい
ですし)

結局は白いCD-ROMになってしまう。 って書いてありますが、
ワシの場合前から持っている音源を白いiPodにぶち込んでますw

んでもって穿った見方をすれば、ハイスタ辺りの時代の音楽所謂
メロコアってブームだったと思います。ある意味流行廃り的。

まあ、この辺り色々と意見あると思うんですがね~。権利者及びエンド
ユーザー諸々。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://johnny3.blog3.fc2.com/tb.php/174-1a1d67d0
この記事へのトラックバック
♪上記画像の「プレイボタン」をクリックすると佐野元春の新譜の試聴ができます。 ……
佐野元春の最新曲をこのエントリーでも試聴できる時代 | 趣味の問題2 at 2005.12.10 16:33
著作権云々編 ITミュージック戦争いやーね。好きなミュージシャンのはCDも含め買いますって。 僕も好きなミュージシャンなら買います。 だから、買ってくれずにコピーしちゃう、著作者の権利(複製権)を無視してコ
リスナーの立場 | ポトフの散歩道 at 2005.12.11 05:50
この記事へのコメント はてなブックマークに登録
高いですもん、高くなければ、買います。
Posted by at 2006.03.26 15:09 | 編集
高すぎますよね正直・・・・。
ドン引きする位・・・。
何でアナログの中古LP買っている現状もある部分ですw
アナログ派なんで・・。音楽配信に関しては、
データとして残るんですけれど、あくまで
データなんで好きにはなれないんですよ。
(コレ個人的思いで・・・。)

アナログはやっぱりジャケが大きいし、
デザインの観点から買っているという事もありますw
Posted by hideaki at 2006.03.27 22:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。