--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.27

電気用品安全法は「新たなる敵」か

電気用品安全法は「新たなる敵」か (Side B) (ITmedia +D LifeStyle (1/4))

もちろん、今真剣に考えて活動していらっしゃる皆さんを、おとしめるつもりは全くない。これはCD輸入権や、iPod税こと録画・録音補償金の問題を見てきた筆者の経験で、目前に迫った目標期日が過ぎてしまえば、どんな強固なコミュニティも大抵は活動停止状態になったり、霧散霧消してしまうものなんである。今回のPSE法も、4月1日の本格施行を過ぎて、今のテンションで議論や活動が存続するという可能性は、低いと思われる。


上記あいたたたw
確かに今のテンション維持出来ないと思います。
mixiのPSEコミュニティーでもアウトプットでブログ書いている人とか
あまりいませんでしたからね・・・・。(mixi内部だけで活動)

PCが規制を受けないカラクリ

ではPC規制外についてのからくりが掲載。
確かにオーディオメーカーとか機材作っているメーカーも一緒の所。
(例えばYAMAHAなど)あるなぁ~と思いながら・・。

消費者ができることとしては、意外に現存するメーカーに働きかけることが近道なのである


こっちの方がありかも?しれませんね。シンセ界の大御所の辺りの方
メーカーともパイプあるでしょうし。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://johnny3.blog3.fc2.com/tb.php/191-325a39e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント はてなブックマークに登録
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。