--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.20

最近は・・・。

PSEより「風営法」に関する事柄をちょっと考えていまして。。
(PSEに関することもmixi界隈徘徊しているんですが)

いや~おいらのフレームワークからすると核となる部分が
「音楽」なんで、クラブというのも視野に入ってくるんですが

構造改革特区の第8次提案募集に関する当室と各府省庁のやりとり

コチラがグーグルキャッシュ←見やすいです

の警察庁の「クラブ」に関しての見解が分かる資料ありまして
あと、都内と地方の取り締まりの格差と言いましょうか?

(都内大分厳しいみたいですが、名古屋はさほど厳しくないんですよ)

そのギャプも今考えている最中でして・・・。
(都内と地方の摘発・及び営業自粛がどこで起きているか?は
(都の四地区特別対策 盛り場環境浄化も関わってくると思います。)

四地区特別対策 ~盛り場環境浄化~

mixiのコミュにて活動している最中です。

今の所の警察庁の公式見解は以下

風俗営業は、国民に社交と憩いの場等を与える社会的に有用な営業であるが、その業務が適正に行われないときは、善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害し、又は少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれがあるため、都道府県公安委員会の厳格な審査を経た上で、その営業を許可するという仕組みをとっており、また、営業を営むことに当たっても、風営法により、一定の規制を課し、これを遵守し営業することが求められている。
 深夜における営業制限については、一般的に深夜は、人が飲酒の影響等により理性を失いやすい時間帯であり、このような時間帯に風俗営業を営むことは、ともすると享楽的雰囲気を助長し、風俗上の規範を逸脱するなどの問題が発生するおそれが高いことなどから設けられた規制である。また、深夜においては、当該営業に関し、騒音・振動の発生や酔客による迷惑行為の多発、暴力団等の素行不良者のい集など営業所周辺の風俗環境を害する問題を誘発するおそれが極めて高いため、善良の風俗保持等の観点から、深夜における営業を引き続き制限する必要があり、御提案は認められない。



以上が

株式会社ヴェルファーレ・エンタテインメント
ブランニューメイド株式会社

が警察庁に出した構造改革特区に関してのやり取りです。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://johnny3.blog3.fc2.com/tb.php/201-04bf9e16
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント はてなブックマークに登録
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。