--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.27

CCJP主催シンポジウム

「クリエイティブ・コモンズは著作権帝国の中の自治都市」~CCJPシンポジウム (INTERNET Watch)

JASRACなどとも友好関係を保ちつつ - CCJP主催シンポジウム開催 (MYCOM PCWEB)

ネット著作権が「危険な方向に走っている」──レッシグ教授 (ITmedia)
インターネットは知的財産権の敵ではない、レッシグ教授 (@IT)


国立情報学研究所の高野明彦教授は、文章に含まれる単語の組み合わせから関連すると思われる図書が検索できるシステム「Webcat Plus」の取り組みを紹介。実際の新聞の社説の文章から関連する図書を検索するといった実例を示し、こうした書籍などのデータベース化について、データベースがどのような形で公開されるべきかといった問題などを、クリエイティブ・コモンズを手がかりにして考えていきたいと語った。




(「クリエイティブ・コモンズは著作権帝国の中の自治都市」~CCJPシンポジウム より引用)



DB化の問題についてやはりポータルサイトが動いた方がある程度運用に
拍車掛かると思うんですけど個人での活動は限界があると思うんで・・。また、JASRACの加藤衛常務理事のクリエイティブ・コモンズに対しては「ポータルサイトを持たなくていいのかと心配している」ことを表明。というのも分かる話。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://johnny3.blog3.fc2.com/tb.php/206-1da72946
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント はてなブックマークに登録
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。