--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.27

小寺さんのコラム

中古販売実質容認報道の罠 (ITmedia +D LifeStyle)

すでに流通してしまった商品を、新品と同レベルの検査基準に乗せるのは無理だ。製造業とは違い、中古のしかも販売業では、あまりにもいろんな事情が違いすぎる。やはり中古品とPSE法は、いったん切り離すと方針を改めるべきである。



小寺さんがおっしゃるように、「無理」があると言わざる得ないです。
所謂「中古」と言われるものを一緒くたいに扱うのも使う用途やら
機器やら違いありすぎでしょ?

例えるなら日常で使う用途が多い家電と楽器も同列ってのが
「??」なんですよ。例えばヴィンテージの範疇に入るような年代物の
楽器と家電比べれば圧倒的に(ヴィンティーと呼ばれる年代物の家電使わないでしょう?(デザイン重視で買う方いるかもしれませんが)
数年前に販売されている冷蔵庫やら掃除機とかの方が遙かに製品としての性能上がっていますし・・・・。

参考ブログ

中古電気用品の安全性 (Annex de BENLI)

業界と官庁との関係ルート再構築の必要性を感じさせたPSE問題(Sasayama’s Weblog)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://johnny3.blog3.fc2.com/tb.php/207-df8771f3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント はてなブックマークに登録
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。