--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.04.18

日本国内頒布禁止

韓国、邦楽CD事情 (趣味の問題2)

に注目のエントリーを発見。忙しさもあり取り上げるのが
遅れました・・・。以下要約抜粋。

先日ソウルに行くことができたので若者の集うショッピング街、明洞(ミョンドン)のレコードショップで邦楽盤がどんなことになってるかをチェックしてみることにした。

ふーんと思いつつ、そこにあった邦楽のCD一列全ての裏をひっくり返して見てみると、あら?上記と同じ文言で期日が違うプリントがしてあるのがゾロゾロ。申し立て予定がある物だけでなく、RIAJのサイトに何も記されていないタイトルにも「日本国内頒布禁止」が印刷されているのだ(いちいちメモできないほどの量)。例えば中島美嘉は今のところ火の鳥だけが申し立て予定となっているが、桜色舞うころとか多くのシングルが「日本国内頒布禁止」となっていた。



これなんだよ~。危惧していたこと!まさにこれ!!
やってやがるというか、暗黙の線引きというか・・・。

てことでRIJAに電話してみた。

「桜色舞うころとかは詳しく調べてみないと分からない」

と答えられた。また、

「事務処理に時間の方が掛かりますのでその件(桜色まうころ)
について詳しく調べてみないと分かりません」

とのこと。まあ、全体の印象としましては、
お茶濁されたな・・・。

まあ、一端の担当者やしな~。100%明確には無理か?
レコード会社の兼ね合いもあるだろうしな・・・・。

あと、ここからのエントリは個人の感想なんですが、
これはどんどんやりおるでw
現地で頒布禁止マーク出てくるの・・。

また、この問題に関してRIAJに電話でこれから聞こうと思う人へ
まず、「日本国内頒布禁止」とプリントされているCDとか見つけて電話しても「詳しく調べてみないと分かりません」て答えられる
オチですよw

あと、ここから私的感想。。。。
RIAJよりもJASRACに電話する方が個人的にはいいなぁ~w
案外JASRAC親切丁寧に教えてくれたりするしね・・・・。

【関連ブログ】

韓国、邦楽CD事情を見て(Where is a limit?)
韓国や中国、台湾、香港あたりに知人はいませんか? (MAL Antenna)
やたらと日本国頒布禁止表示してある邦楽CDについて ( 鎌津間ブログ)
大韓民国における中島さんは法的には問題ないが少々汚い(万来堂日記)
輸入CD・レコードが買えなくなる??…その33  (雑貨屋の広報掲示室)
CD輸入権:禁止リストには無い「日本国内頒布禁止」CDがゴロゴロある、という話([RS]Resonanced Sky*)
おや、まぁ… (wms: musicbiz edition)

【追記】

趣味の問題2様よりコメント頂きました。

当サイトにも書きましたが、タイあたりでは少々記述方法が異なるようです(また韓国でも「日本国外頒布専用」とかいろいろ表記はあるようです)。



とのこと。こっちは知りたいのに電話かけても
「詳しく調べてみないと」って言われてもね~( ゚Д゚)ポカーン
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://johnny3.blog3.fc2.com/tb.php/47-6474976f
この記事へのトラックバック
wms: musicbiz editionさん:「おや、まぁ…」←趣味の問題2...
CD輸入権:禁止リストには無い「日本国内頒布禁止」CDがゴロゴロある、という話 | [RS]Resonanced Sky* at 2005.04.18 18:07
 日々適当なBLOG 著作権云々編経由日本国内頒布禁止で管理人さんがRIAJに電話した所次の回答を得られた様です。引用させて戴くと「桜色舞うころとかは詳しく調べてみないと分からない」 「事務処理に時間の方が掛かりますのでその件(桜色まうころ) について詳しく調べて.
日々適当なBLOGさん、RIAJに電話する | Where is a limit? at 2005.04.18 20:33
 前回「輸入CD・レコードが買えなくなる??…その34」、前々回「輸入CD・レコードが買えなくなる??…その33」と、韓国や中国での邦楽盤表示の件について色々と取り上げてみたのですが、一部ではかなり話題になっているようで、今回はTBを頂いたBlogからの情報を纏める形にし.
輸入CD・レコードが買えなくなる??…その35 | 雑貨屋の広報掲示室 at 2005.04.19 00:02
 『国内において頒布する目的をもつて輸入する行為』 『国内において頒布する行為』 『国内において頒布する目的をもつて所持する行為』  これをやってしまうと罰が待っている。また、これらを防ぐべく税関では取締りを行っている。  なにやら不正薬物や銃砲
社会悪物品と音楽CD | 鎌津間ブログ at 2005.04.20 23:27
 社団法人 日本レコード協会経由「輸入差止申立に係る対象レコードリスト」が2005/04/21の物が更に追加された様です。新たに追加されたのは  ソニーミュージックエンタテイメントの Asian Kung-Fu Generationの「ソルファ」が1タイトルでインドネシア、 Crystal Kayの「Cr
輸入差止申立に係る対象レコードリスト更新04/21追加 | Where is a limit? at 2005.04.22 03:17
この記事へのコメント はてなブックマークに登録
トラックバックありがとうございました。
速攻コメントです(笑)。
電話してくださったんですか。
「やっぱり、、、」といった反応ですね。

当サイトにも書きましたが、タイあたりでは少々記述方法が異なるようです(また韓国でも「日本国外頒布専用」とかいろいろ表記はあるようです)。
いずれにせよ法が適用されているものとそうでない物が不明瞭で混同されやすいことは事実でしょう。
あれだけ大騒ぎして立法と相成ったからには(そうでなかったとしても)運用する側に厳格な秩序を求めるのは当然ですよね。
Posted by 趣味の問題2 at 2005.04.18 13:38 | 編集
私電話しないと気が済まないんですよw

それでこれからもこういった事例が出てきて電話かけても「詳しく調べないと分かりません」って答えられて電話で問い合わせた所で明確な返答返ってきません!!(きっぱり言います!!)

これ大問題ですよ~。こんな曖昧なものよくまあ
立法推し進めたなと改めて呆れております。

また、現地での表現方法に関する記述突っ込んでも
詳しく調べないと分かりませんって答えると
思います。RIAJの担当者・・・。
Posted by 管理人 at 2005.04.18 13:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。